--- about ---

にきびの治療

背中のにきびの治療をお願いしたいと思っています。

にきび治療

乾燥が原因のニキビなら

肌が乾燥することでニキビができることがあります。
すでに、乾燥が原因だと分かっていますので、乾燥ニキビのニキビ治療は保湿が大事です。

ケミカルピーリングが良いと思っている人もいますが、やめた方が良いです。

ニキビの種類

皮膚科で行われるニキビ治療では、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の内服薬を処方したり、外用薬のステロイド剤を処方してもらえます。
これらを1ヶ月くらい使用し続けるとニキビが出来にくくなります。

内服薬と外用薬を両方使うことが多いです。

日焼け止めクリームの使用はニキビ治療中であれば避けた方が良いです。
かえってニキビを悪化させてしまう可能性があります。

紫外線は気をつけた方が良いですが、デメリットもありますので
紫外線対策は日傘や帽子などを使ってみてください。

洗顔によって皮脂がなくなると乾燥がひどくなりますので、
強酸性水や低刺激剤であったり洗浄力が弱い石鹸を使うようにしましょう。

炎症を鎮めるためにもこれらを使うようにした方が良いです。
洗浄力が高い洗顔料を使うと皮脂を多く洗い流してしまいますので、
乾燥が悪化します。

洗浄力が弱くても十分に汚れを落とすことはできますし、
肌に必要な皮膚は残りますので安心して使ってください。

皮脂が多いためにできたニキビなら

自分の皮脂の分泌量が多いと感じていませんか。このような人は、
脂漏性ニキビができることがあります。思春期に多いニキビで
女性ホルモンや男性ホルモンが関係しています。

ニキビ治療の基本はビタミン剤や抗生剤や漢方の内服薬、
外用薬のビタミンA誘導体類似物質や硫黄製剤が中心です。

炎症の赤みがひどい人の場合は、弱いステロイド剤を使うこともあります。
鼻の周辺は皮脂の分泌が多いです。鼻周辺のニキビ治療は
抗真菌剤を使って炎症や赤みを減らしていきます。

ニキビの薬の注意点

ニキビ治療後に跡が残ってしまった場合は、光治療を行うと良いです。
1ヶ月おきに顔全体に数回程度照射することで、多くの人は
ニキビ跡を克服しています。

しかも、ニキビが出来にくい肌になりますので、脂漏性ニキビが
繰り返し出来てしまう人は、光治療も行った方が良いかもしれません。

皮脂が多く分泌するために、洗顔を頻繁に行いたくなるかもしれませんが、
あまりたくさん洗う必要はありません。

洗い過ぎてしまうと、かえって肌を痛めてしまう原因となりますので
1日に何度も洗わない方が良いです。

皮脂自体は決して悪者ではなく、肌を乾燥から守る働きがありますし、
それでも気になるならニキビ治療を始めましょう。

 

サイトトップ にきびセルフケア 医療機関でのにきび治療 背中のニキビ にきび専門家に頼る ニキビ悪化の原因 洗い方の注意点 気をつけたい事 ニキビ治療のエピソード ピルで治す 乾燥が原因 ニキビ跡とシミ対策 サイトマップ